アロー 抵抗溶接システム

アロー社のアルミ材抵抗溶接制御技術

アロー社では、自動車製造業界の燃費向上と衝突安全性向上のニーズに応えるため、アルミ合金や高張力鋼溶接制御技術を開発しています。アルミ材を例にご紹介します。アルミ材は固有抵抗が低く熱伝導率が高いので、大電流、短時間通電での溶接が必要、さらにアルミ材の表面には、電気抵抗が大きい酸化被膜が容易に生じ、且つ均一ではないため接合強度にばらつきが生じる、熱膨張が大きいため電極と密着し電極への付着物及び変形汚損が生じやすく、チップ・ドレスを頻繁に行う必要があるなどの問題点がありました。アロー社ではアルミ材の特性に最適な抵抗溶接技術を開発し、欧米の有力自動車メーカで実証しています。

アロー社のアルミ材抵抗溶接制御技術

ページのトップへ戻る