ラピナス社 特殊工業材料

活用事例(コーティング用途)

Rockforce及びCoatForceはオランダのラピナス社で製造された世界で唯一の生体溶解性ロックウールです。天然石から製造され厳密な化学組成管理が行われています。

ラピナス繊維をコーティングに使用した場合、製品の性能を大きく改善することができます。水系、溶剤系及び2液性塗料と幅広い塗料に使用することが可能です。ラピナス繊維の特長は以下の通りです。

塗膜強度の強化と耐久性の向上

ラピナス繊維を入れたエポキシ樹脂塗料を塗装後、1分間液体窒素環境下に置き、塗膜の状態を評価しました。
ラピナス繊維を入れないエポキシ塗料は表面に多くのクラックを生じ、金属基材との接着力を失いましたが、ラピナスのCF10を入れた場合、クラックもほとんど発生せず、基板との接着力にも影響がありませんでした。CF10は塗膜を強化し、外部から与えられた強いストレスを吸収したと考えられます。

耐クラック性の改善とギャップ(隙間)充填効果

CPVCを超える高充填の壁用塗料はクラックが発生します。CoatForce(CF)は塗膜強度を損なうことなしに耐クラック性を向上します。
多孔質のコンクリート外壁では耐クラック性とギャップを充填することは重要です。アクリル系塗材にCoatForce(CF50)を入れることにより塗材の隙間を埋め、塗膜を強化することができます。

耐衝撃性の改善

RockforceとCoatForceの塗膜強化特性は保護用塗料やマリン用塗料に非常に役に立ちます。これらの用途では塗膜の強靭さと耐衝撃性が重要です。物理的に損傷を受けた塗膜は錆の発生原因となり、その結果、製品寿命が縮まります。エポキシ系塗料を塗った金属基板でボール落下試験をした結果、CoatForceを添加することにより塗膜の落下衝撃強度が格段に改善しました。

発泡性耐火塗料

燃焼を遅延させる目的や発泡性耐火塗料用でラピナスのロックウールは非常に有効な添加材として使用されています。ラピナス繊維の添加により、耐火塗料の塗膜強度を上げ、耐クラック性が増し、寸法安定性が改善し、収縮率が低くなります。また、炎に爆露された後の炭化層の強度を増すことができ、それは断熱効果と炭化層の耐久性を強化することになります。

レオロジーに対する影響

ラピナスのロックウールは他の無機粒子と同様に塗料の粘度に影響を与えます。その結果、流れ性、レベリング性、だれ止め性、塗膜厚や塗装性に影響を及ぼします。ラピナス繊維の添加によって高粘度の塗料でも低粘度の塗料でもつくることができます。吸油量の小さいCF10は低粘度の塗料に向き、長繊維で吸油量の大きいCF50は高粘度の塗料を製造するのに適しており、厚塗りが可能になります。ダレ防止に非常に効果があります。

ページのトップへ戻る