SLMソリューションズ社 3D金属積層造形システム

SLMソリューションズ社について

1863年に設立されドイツに本社を置くSLMソリューションズ社。1970年代からラピッド・プロトタイピングシステムの開発を始め、80年にはバキュームキャスティングの部品試作システムを販売、さらに1998年よりレーザ方式の積層造形システムの開発に着手、2011年には現在主流のパウダーべッド・フュージョン方式のシステムを製品化しました。
以来、金属3Dプリンタ市場では、急速に占有率を拡大し、すでに600台の実績があります。(※2016年現在)
欧州の有力研究機関との共同研究を積み重ね、ユーザの要望を反映し独自の技術を盛り込んだシステム作りを進めてまいりました。その開発姿勢と試作から量産までの製品開発で、世界のエンドユーザから高い評価を受けています。

世界に広がるSLMソリューションズ社

SLMソリューションズ社3D金属積層造形システムは、業種業界を問わず製品の製造プロセスの各フェーズにおいて、これまで不可能と思われていたパーツやツールの製作を可能にし、さらに、高速造形という新しい価値を皆様にご提供いたします。ぜひ一度実稼働をご覧ください。

不可能を可能に、さらに新しい価値をあなたに。

ページのトップへ戻る